​貯まる人を取材し続け、多くの共通点を発見。

マネーライター・FPとして、自著を2冊出版いたしました。

表紙.jpg

収入が増えなくても、貯蓄が2倍になる方法

2018.09 ★重版★ リベラル社

貯まる、貯まらないは収入ではなく、家計を管理する力の差です。貯まる人のやりくりに共通するのは、管理能力の高さ。そして、管理能力とは、やりくりが上手、下手ではなく、「お金をどう使うか」をとことん掘り下げて考える力だと思います。ここをしっかり考えれば、家計に迷いがなくなり、ムダな支出が激減。貯蓄がどんどん増えていきます。逆に、ここを考えないとどんなにやりくりを頑張っても、いつまでも不安は消えないし、そのときどきの流行に流される家計になってしまいます。そこえ本書ではまずしっかり「お金の使い方を考える」ことから入り、それから支出や貯蓄、資産形成へと進む形を取りました。テクニックを自分の意志で組み合わせて使う。軸のある家計づくりをご提案いたします。なお、前著「お金が勝手に貯まりだす暮らし」のネクストステップのつもりで書きました。やりくりを頑張ってもなんとなく上手くいかない場合は、ぜひ、前著も併せてお読みいただければ嬉しいです。

1708_okane_H1.jpg

お金が勝手に貯まりだす暮らし

2017.08 ★重版★ リベラル社

お金を貯めている人の暮らしには、実は多くの共通点があります。私は、全国各地の貯まる人を1000人以上取材していますが、この共通点は、収入や家族構成、年齢などが違っても関係がなく、”貯まる習慣”だと気づきました。ならば、その暮らしをマネするのが、貯まる近道では? と思い、執筆した本です。節約を必死に頑張らなくても、毎日の小さな習慣でムダは確実に減ります。実際、貯めてる人はまったくケチケチしていません。家計簿や節約が頑張れない、やる気はあるのに貯蓄がいつも挫折してしまう……そんな”なぜか上手く行かない人”のために書きました。お金が上手くいかないときは、たいてい、暮らしに原因があります。この本では、お金が勝手に貯まりだす暮らしが整う、26の習慣をご紹介。難しいものはひとつもありません。簡単だから、長続きします。だから、効果は絶大です。ぜひ、できそうなものから、まずは1つ、取り入れてみてください。

© 2021 KAKUWORDS All Rights Reserved